虫歯になりたくないなら、どうすればいい?

虫歯になりたくないのであれば、どんな対策が必要でしょうか?

まず大切なのは歯磨きであり、フッ素配合の歯磨き粉を活用して磨いたり、正しいブラッシング方法で歯磨きする事が大切ですが、歯磨き後にうがいをし過ぎないのがポイントですよ。

酸性の強い飲食物や甘い物を飲み食いする機会が多い人は、プラークを生成する可能性が高いため避けた方が良いですが、特に就寝前に飲食するのは止めた方が良いでしょう。

長々とダラダラと食事をしている場合も虫歯のリスクが高くなるため、間食の頻度を少なくしたり、ダラダラ食べないように気をつけましょう。

磨き残しがある可能性があるため、歯科医院で定期検診や歯のクリーニングを受ける事も大切ですよ。

Previous post インプラントトラブルを避けるため、事前にできる対策とは?
Next post 歯の状態はスポーツにも影響する?