インプラントには「チタン」と呼ばれる金属が使われています。金属が使われていると聞くと金属アレルギーの心配をする方もいるでしょう。
結論から申しますと、インプラントが原因の金属アレルギーは起こる可能性はあるものの、医師との相談で対策を行えばリスクを最小限に抑えることが可能です。
ただし、どんなに気をつけてもリスクをゼロにすることはできないため、少しでも不調を感じたらすぐに相談するようにすることも意識しておきましょう。

まずインプラントに使われているチタンという金属は、人体と馴染みやすく安全性の高い金属として、昔から医療現場でも多く使われています。
また被せ物にも金属が使われていることがあります。しかし、被せ物はセラミックやジルコニアなどの非金属の素材を選ぶことが可能なので、メリットやデメリットを確認した上でそうした素材を選ぶようにしましょう。

そして一番大切なのは、事前に歯科医師に金属アレルギーであることや、金属アレルギーの心配があるということをしっかり伝えておくことです。
そうすると金属アレルギーのリスクを最小限に抑えた治療法を提案してもらえますし、一緒に方向性を考えることができます。

Previous post 寝たきり高齢者のインプラント事情とは?